自分を深く学ぶ

2021.09.11.

やり方が間違っていたるだけ

目標達成のためのパーツには
目標の高さとスピードと手段がある。

どの程度の目標を
どの程度のスピード感で
どうやって達成するかということ。

なかなか達成できないときは
基本的には
手段の間違いが多いんだよね。

手段そのものが間違っているケースもあれば、
自分に合わないやり方をやろうとしているケースもある。

だから
何度やっても思い通りにいかないときは、
手段を「諦める」って手が有効。

やり方に固執せず、
「このやり方じゃダメだ!」と諦めることで
別のやり方を探れる。

やり方が間違っていたるだけで、
やれないと思い込んでいることは少なくないから。

2021.09.10.

日常をデザイン

順応するのに苦労していても必ず、
だんだんと慣れていく。

難なくできるようになり、
それをやらないと気持ち悪くさえなる。

そうして、
いつの間にか自分の日常となる。

なら、
どんな日常にしたいかまず、
自分でデザインすることから始めたいね。

2021.08.27.

忘れちゃってない?

最近、楽しみにしていることは何だろう?

考えただけでソワソワしてしまうこと、ある?

思わずニヤけてしまう瞬間を持ってる?

楽しむ力をつけたら
成長も早い。

今を楽しもう⤴︎
今日を充実させよう⤴︎
楽しむ力を伸ばしていこう⤴︎

2021.08.26.

よくやってきたじゃないか

よくやってきてる。

どうにかこうにかでも
よくやってきた。

堂々と労おうじゃないか!
褒めることができるような結果でなくても
それまでの頑張りを労うことはできる。

よくやってきた。

きっとこれからも、
どうにかやっていける!

2021.08.19.

やり方を知らないだけ

大概は、
やり方を知らないだけなんだよなぁ。

スポーツなら
効果的な練習のやり方、試合への準備の仕方を
知らないだけ。

勉強なら
自分にあった勉強のやり方、テストへの準備の仕方を
知らないだけ。

仕事なら
生産的な仕事のやり方、準備の仕方を知らないだけ。

人付き合いだって、恋愛だってそう。

やり方の問題だと気づけば、
効果的で自分にあったやり方を探すだけ!

2021.08.12.

自分の正直にOKする

パッとしないというか、
うまくいかないというか。
泣きたい気分ってあるよね。

泣いていいんだよ。
泣きたい気分の時は泣くに限る。

自分が情けない、
こんなんじゃ嫌だ、
うまくいかないことばかりじゃないか!!!

自分の正直にOKしてみよう。

直感的にダメになりそうな気がするけど
好転するきっかけになるから。

2021.08.10.

今、何をしなければならないのか

日々の積み重ねが未来を作り、
人生をつくってるんだなぁ。

どこか別のところに
未来や人生がある感じがするけど
そうじゃない。

今、やっているソレが
あなたの未来や人生を作っている。

今やるべきは本当にソレでいいのか?
もし違うのなら、
何をしなければならないのか?

どうすれば、
すべきことに手をつけるのか?

2021.08.04.

努力が実を結ぶって

才能があって努力しても、
それが実を結ぶことはすごいことなんだよなぁ。

オリンピックを見ていると
自分が「努力」という言葉を使うことも、
結果を出せなかったことに
「落胆すること」も恥ずかしく思えてくる。

「頑張れば叶う」も
「頑張ったって無理」も
「もっと頑張らなければ」も…

努力の次元が違う。

 

2021.08.03.

結果ではなく、結果をどう解釈したかによるんだよなぁ

何でもチャレンジしたがる割には
直前でビビる私。

どうして始めてしまったんだ…
やめとけば良かった…
なぜ、やろうと思ったんだろう…
と後悔の嵐。

結果も大概は散々な目に遭う。

だけど、そこで出会った人に支えられて
次に進むんだよなぁ。

「結果」じゃないんだよなぁ。
結果を「どう解釈したか」によるんだよなぁ。

その「解釈」の部分を
出会った人が支えてくれるんだよね。

2021.08.01.

「無駄」を一切無くそうとすると 人生が無駄になる

絵画でも盛り付けでも舞台でも
余白の使い方が鍵を握る。

スポーツで言えば
試合中の余白の時間や
試合以外の時間になるかもしれない。

余白は見方によっては無駄な部分。

無駄と言っても、
その一切を排除することはできない。

それに、
そもそも「無駄」といった判断がどの程度、
正しいかさえ本当は怪しい。

余白や無駄は
思っている以上に大切だ。

それはきっと人生でも同じで、
余白や無駄が学びや彩りになったり、
その人の味わいになるんじゃないのかな。