城ノ石ゆかりオフィシャルブログ
『思い立ったが吉日』

2019.09.22.

軽量化

必要なものが入ってないことが多々あるのに私の荷物は重い。

必要なものを選別する能力に欠けているとしか思えない。

そんな時に
三つ折りの小さな財布を見つけた。
これだ!

財布が重いのだ。
いや、ひとつひとつが重すぎる。
ということで
軽量化を実践してみることにした。

が、どこかで既に予感がする。
小さすぎて財布をなくしてしまった
という記事を書く日がくるな。

2019.09.21.

証明写真

証明写真の機械には白く撮れるやつがある。

ノーマルに写したバージョン、
1段階、2段階肌が白く写ったバージョン、
そして、
日焼けしたバージョンの4段階から選ぶことができる。

ちょっとやってみようとわざわざ白く撮れる機械で、
撮ってみたのに選んだのは日焼け。
なぜ?

自分ちゅーもんがよーわからん。

2019.09.20.

しみーず

私が小さい頃の夏場は
しみーず姿のおばぁちゃんをよく見かけたものだ。

たいそうな違和感は覚えなかったし、
気温調節最優先だったんだろう。

今年、その気持ちがよくわかった。
この夏は裏地のないコットン素材のワンピース5,6枚を
さんざん着まわし、
サンダルで過ごしていた私。

先週末から久々、靴を履き、
服と呼べそうな服を着始めた。
秋になってきてる。

福岡では八百屋に栗や梨が出始めたぞ。

2019.09.19.

悩みが深まる二つの条件

悩みが深まるふたつの条件とは
暇と自分のことばかりを考えること。

暇は余計なことを考える。
時間の余裕は嬉しいことだが
人はやることがないと
考えなくていいことまで考えてしまう。
やはり、ある程度の忙しさは健全な自己防衛になる。

自分がどう、自分の気持ちがどうと
心のベクトルが
自分ばかりを向いていると
周りが見えなくなっていく。
ある程度、周りの人の心持ちを考えることは
やはり、健全な自己防衛となる。

2019.09.18.

70歳の矢沢永吉

ホテルでたまたまつけたTVに出ていた矢沢永吉さん。

私は少し時代が違うから
曲は知っていても彼をよく知らない。

7年ぶりの新しいアルバムをリリースした彼は70歳だという。

70歳とは?!

なぜ、このアルバムを?との質問に
矢沢永吉さんは
「生き方がわかるでしょ。」と答えていた。

アルバムを出そう!コンサートをする!と決めると
歌詞も覚えなきゃいけないし、
体力もつけなきゃいけない。
そこに向かって生きていくことができる。

と。

そうなんだ…。
感じることは多いな。

2019.09.17.

やる気が起きない罪悪感

やる気が起きないことに罪悪感を持つ必要はない。

いつもいつも前向きで
やる気に満ちていた方がいいのかもしれないが、
それは頭で考える理想で、
私たちは生きてるんだから
そうそう予定通りにはいかない。

予定通りにいかなかったからって
攻める必要もない。

今日はやる気が起きない日。
以上!

そういう日があるのが自然であることを
受け入れよう。
やる気が起きない自分も許してみよう。

2019.09.16.

人は分かり合えない

人は分かり合えないものなんだなぁ。

共感しているつもりで
理解しているつもり。

生きてきた自分の全てを知っている人なんていない。

自分の気持ちさえ
時間が経たなければ気づけないことも多い。

分かり合えないからって落胆する必要はない。
そういうものなんだと心得た上で
さて、どうしていくか。

2019.09.15.

燃え尽きるパターン

集中力があり、
ゴールに向かってガンガンいける。
ストイックにもなれる。

そういう人の中にはゴールすると
燃え尽きてしまうパターンを持っている人がいる。

バーンアウト(燃え尽き症候群)
急に意欲がなくなったり、
投げやりになったりする一連の症候群

燃え尽きないためには
ゴールの先を描いておく必要がある。

このゴールはあくまでも中間地点で、
その先のさらなる夢を持つことが必要となる。

人生はそう簡単には終わらない。
結構、続くんだよね。

2019.09.14.

自分の中心に戻る魔法の言葉

もちろん、使う人のメンタリティにはよるが
こんな最強な言葉はないのかもしれない。

私はわたし。

唱えてみよう。
どんどん落ち着きを取り戻す。
今、必要なことがわかってくる。

2019.09.13.

心を整えるには

例えば普段、
どの程度リラックスして過ごしているか、
また、どの程度の緊張で過ごしているかは
なかなか自分ではわからない。

肩に力が入っていることや
奥歯を噛み締めていることで
初めて自分の緊張状態に気づけたりするものだ。

心の状況がわからないときは
心と繋がった、
目に見えるものや理解しやすいもので確認する。

例えば、
身体の緊張具合、
部屋の散らかり度合い、
字の乱れ度合いなど
心の状態が現れるものは意外と多い。

そして、
心の状態がわかりやすいものを整えると
心も整っていく。

例えば、
身体をリラックスさせる。
部屋を整理整頓する。
字を丁寧に書く。