城ノ石ゆかりオフィシャルブログ
『思い立ったが吉日』

2021.12.03.

自然に口をついて出る言語音

「はぁ?」とか「まっ!」
となれば怒りが湧くし、
「へぇ〜」や「ふーん」となれば
客観的になる。

自然に口をついて出る言語音(間投詞って言うのかな?)で、
その後の方向性が決まるんだな。

そうなら、
自然に口をついて出る言語音を
選んで口癖にしてしまえば
その後の方向性も選べるということ。

例えば「へぇ〜」が口癖になれば
結構冷静でいれるということになるな。

2021.12.02.

「やりたいこと」の探し方

「やりたいことがない」と言う人は
「やりたくないこと」を挙げてみたらいい。

例えば勉強したくないなら、
それは「勉強せずに過ごしたい」であって
やりたいこととおなじ。

「やりたくないこと」を
受け入れて大丈夫。

立派なwantだ。
堂々としてたらいい。

世間が認めてくれそうなwantだけが
wantじゃない。

今はそう感じているんだもん。
それがあなたの「やりたいこと」でいい。

2021.12.01.

中心に何があるか

すごーく良いお天気なのに悲しかったり、
おいしーいご飯なのに涙が出たり。

雨がざんざん降りなのにほんわかしてたり、
まだ始めたばかりなのに結果を確信していたり。

今、あなたの中心に何があるかだよねぇ。

2021.11.30.

きっかけ

求めてるのはきっかけだよね。

ちょっとしたきっかけ、
決して忘れることのないきっかけ。

きっかけさえあれば!
って思ってるんだよね。

そうなら、
今日はきっかけを見つけてよう!
探しに行こう!
もし見つからなかったら
それをきっかけにしよう。

2021.11.29.

デメリットを覚悟したら強い

やり方はいろいろあるから
効率的に見たらあっちが正解だし、
生産性で見たらこっちが正解だし、
コスパっで見たらそっちが正解に思えるものだ。

あっちこっち中途半端に
決めかねているのが実は
最も効率が悪い。

どの方法を選んでも
メリットとデメリットは両方ある。

メリットだらけは無いのだから、
デメリットを覚悟して自ら選択するのが最も強い。

そして必ず結果はついてくる。

2021.11.27.

「楽しめる」範囲

努力はストレスに直結していそうだが
そうじゃない。

結果を出すためには多少なりとも
我慢や努力が必要で、
結果を出すための我慢や努力さえも全てストレスとなると
何も進まなくなる。
そして、
この進まないこと自体が
新たなストレスとなる。

我慢や努力は「境界線」は大切で、
「楽しめる」範囲を心がける。

「楽しめる」と「結果が出る」が重なるところを狙う。

つまり、
「これならヤレる!」のラインを探す。

2021.11.26.

思わず戦ってしまう

なぜだかいつも戦闘モードになってしまう…なら
誰も頼れない。
負けたらダメだって。
自分でやっていかなきゃって。

そうやって生きるって
どこかで決めたんだよね、むかし。

そう解釈する出来事がきっとあったんだよね。

よくやってきた!
その考えが今のあなたの成功をつくってきたんだ。

自分の生き方に気づいたなら
これからも同じやり方を続けてもいいし、
変えてもいいんだよ。

2021.11.25.

頭隠して尻隠さず

息子のベットを
自分のベットのように使う愛犬。

息子が登校すると
まるで自分のハウスと言わんばかりに
息子の部屋にずっといる。

朝、息子を起こしに部屋に入ると、
強引に息子と寝ようとした様が
わかる状態のまま。

頭隠して尻隠さずだな。

2021.11.24.

出来事の意味

出来たことにも
出来なかったことにも
意味がある。

今、こうしていることも
過去、そうしたことも
ちゃんと意味がある。

その時々に、
意味がちゃんとわかれば良いけど、
「意味がある」と信じるしか出来ないことも多いもんなぁ。

2021.11.23.

見立て

「見立て」が的を得ている時には
トラブルはどんどん解消する。

「心構え」が的を得ている時には
トラブルは未然に解消する。

トラブルが解消されないということは
何かがズレてるのだから、
そこさえ修正すればスルスル進み出す。