城ノ石ゆかりオフィシャルブログ
『思い立ったが吉日』

2020.04.04.

稚加榮(ちかえ)

稚加榮(ちかえ)と言えば、
博多の和食・会席料理の料亭。
タモリさんが美味しい明太子と言ったことで
知っている人は多いかもしれない。

私が創業して最初に構えた店舗が
稚加榮さんと同じ通りだったこともあって、
ご贈答にはココの明太子をよく送っていた。

そんな稚加榮さんから先日、メールが届いた。

明太クリームチーズコロッケや
トリュフとキノコの明太チーズピザと
新しい商品もできてる!!!

ホームページを見ると、臨時休業に入るらしい…。

今、お家に居て出来ることをやっていきたい。
自分の心身の健全を保つこと。
家族の心身の健全を保つこと。
周りの人たちの健全をサポートすること。
支え、支えられること。

博多にいらしたら、連れていきたい店がたくさんある。
朝、昼、晩、晩、晩と食べて欲しいぐらい。
コロナが終息したら、行こう!

ーーーーーー以下、メールーーーーー

当料亭におきましても、多くのお客様のご予約がキャンセルとなり、
日頃よりご愛顧いただいております皆様にお会いできないことを
大変寂しく感じております。

しかし、暗い気持ちでばかりはいられません。
こんな時だからこそ、皆様に少しでも明るい気持ちになっていただきたいとの想いから、
ご家庭でお楽しみ頂ける稚加榮の商品をご案内させて頂きます。
一品一品、心を込めてお届けいたします。
どうか、ご家族でお召し上がりいただけましたら幸いです。

ご家庭向けの商品一覧はこちら

ご家族にご好評いただいております商品ランキングはこちらです。

1位 お徳用辛子明太子切子
2位 トリュフとキノコの明太チーズピザ
3位 和牛肉まん
4位 さんまめんたいこ(3尾)
5位 明太クリームチーズコロッケ

大切な方への贈り物や手土産にいかがでしょうか。
「ご家族に笑顔になって頂きたい」そんな想いを込めて。

ギフト・贈答向けの商品一覧はこちら

最後までお読み頂きまして誠にありがとうございました。
大変な時期ではございますが社員一同力を合わせて
乗り切って参りたいと存じます。

2020.04.03.

行き詰まり感

行き詰まり感を覚えるのは
「解決方法はひとつしかない」としか
考えられてない時だ。

過去に経験した偶然を思い出してみたらわかる。

「これしかない」と信じて進んでいた道が途絶えてしまい、
方向転換を余儀なくされた結果、
こっちが良かったじゃん!と
まるで導かれたような体験。

可能性の幅を広げて、今を見ることは
行き詰まり感を緩めるのに有効だ。

2020.04.02.

行動を変えたいときは

行動を変えることに集中したノウハウに
人は興味を惹かれる。

が、
新しいスキルを実践しようとしても
教わったステップを順番通りに踏んでも
なかなか思い通りにいかない。

なぜなら、
何をしたら良いのかを頭では理解していても
感情が付いていけてないから。

だからまず、
感情に向き合う必要がある。

2020.04.01.

怪我をしたら

私たちは怪我をすると、
傷口を明るいところで見て、
よく洗い、手当てをし、空気に触れさせ、
早く回復させようとします。

心の傷も手当ては同様です。

ですが、なぜ心の傷は
よく見ないままに隠そうとするのでしょう。
「大した傷じゃない」と思い込もうとするのでしょう。

傷は化膿し、悪化するでしょう。
ある日突然、うずき始めるかもしれません。
健康な部分まで侵してしまう可能性があります。

光の元にさらし、
傷を見て、手当てをすることは大切なのです。

もちろん、誰に見てもらい、
どう手当てされるかを選ぶ必要はあります。

2020.03.31.

土台

同じ行動に見えても、
その行動の土台が違うと、
プロセスも結果もちがっていく。

例えば
土台が喜びであれば選択になるが、
土台が恐れであれば反応になる。

反応は自ら選んでいるようで選べていない。
だから、
同じパターンを繰り返してしまう。
うまくいかなくなると調整ができない。

そういった時は
その行動の土台には何があるかを見る必要がある。

2020.03.30.

自分のリズム

リズムに乗ってしまえば
普段はやれないこともやれてしまう。

逆にリズムが崩れると
普段、難なくやれていたことも
大変なことになってしまう。

自分のペースを意識して
自分のリズムを作る。
自分のリズムを刻み、
そこに乗っていく。

2020.03.29.

「またひとつウソをついた…」

大和ハウス工業が手掛ける注文住宅のテレビCM。
夫役の竹野内豊さんが心の声としてつぶやくセリフが
「またひとつウソをついた…」だ。

私たちにもよくある瞬間をうまく表現していると思う。

大袈裟に自己主張するほどのことではないけど真意と違う。
相手の気持ちを察すると本音を言うのが憚られる。
自分は我慢できる範疇だから、
相手のことを優先させたものの…気にならない訳じゃない。

問題にするほどでは決してないから賛同したけどすっきりしない、
どことなく感じる罪悪感。

小さなウソ以外にも
言い訳や屁理屈、ごまかし、回避…と
私たちはさまざまな工夫をしながら生きている。
ある意味、とても自然。

このCMの夫が
そんな自分を許せてたらいいなぁと願ってしまう。

2020.03.28.

意味を考えなくていい

起こること全てに意味がある。
が、
今、意味なんて考えなくていい。

どんな意味だったかは
過ぎ去った後、振り返らないとわからない。

そういうものだ。

だから、今やれることをやるで十分。

2020.03.27.

自分との会話

人はなぜ、
伝えたいことを伝えれず、
言いたくもないことを言ってしまうんだろう。

時間が経って、
ひとりになって、
自分の本当の想いに気づくことは少なくない。

本当の想いに気づけるよう、
自分と会話をし、
伝える術を得ていこう。

2020.03.26.

自然な感情

落ち込むことも、
傷つくことも、
ショックを受けることも、
後悔することも、
怒りが治らないことも、
決して悪いことではない。
あなたが特別ダメなことでもない。

生きていれば自然なことで、
そう感じれるのは力なんだ。

人がそういったネガティブな感情を避けるのは
そう言った感情への対処を知らないだけ。

対処を知るには
まずはネガティブな感情を自然なことだと
受け入れることから始まる。