傷ついた時

2021.09.24.

似てるから嫌なんだよね

自分と似てる部分が嫌なんだよね。

普通、互いの共通点は
親密になるポイントなのに
似てるから嫌いになるのは
自分が嫌悪している自分と似ている部分を
相手に見るからだよね。

嫌だと思ってるのは
自分が嫌だと感じている自分の一部を
相手に見ているからなのに
まるで相手自体が嫌に感じるんだよね。

その相手は自分が嫌っている自分の一部を意識化させてくれている
貴重な人でもあるんだよね。

2021.09.22.

しみじみ

しみじみと感じる時がある。

心に沁みていくようにじんわりと、
あぁ…と言葉にならないような声とともに、
思わず項垂れるような。

よくよく理解できたり、
二度と忘れることのない瞬間だ。

しみじみと感じる力が増せば、
気づくことは相当増える。

人は落ち込みから復活する力も大切なら、
ある程度、落ち込む力も大切なんだ。

気づかなければ落ち込めないし、
落ち込むには
事実に直面化する力が必要だから。

その事実に直面化した時に
「しみじみ」が起こりやすいんだよね。

2021.09.20.

隣の芝生はいつだって青い。

枯れたり、剥げたりしてる普通の芝生だけど、
隣から見た我が家の芝生だって
いつも青いらしい。

足を踏み入れてみれば
どこの家の芝生も
青かったり茶色だったり。

皆、同じなんだよねえ。

 

2021.09.13.

大概、自分が自分の邪魔をしている

それで大丈夫?
その程度じゃダメだ!
だから、伸びなんいんだ…。

そんな声に邪魔されてない?
だんだんとやる気が失われていくパターンになってない?

誰もそんなこと、
あなたに言ってない。

言われているように感じるかもしれないけど
それはあなたの声だよね。

2021.09.12.

未来の自分から

当時は、
なぜか「とんでもなく恐ろしいことが起こっている」かのように
感じていたことも今なら、
「淡々とこなせばよいだけだ」と冷静に振り返ることができる。

ということは
今もそうかもしれないね。

とんでもないことが起こっているかのように感じていても、
未来の自分の視線から見てみると、
なぜ怖いのかわからない程度なのかもしれないよ。

そういう視点から今を見てみると
今の別の面が見える。

2021.09.11.

やり方が間違っていたるだけ

目標達成のためのパーツには
目標の高さとスピードと手段がある。

どの程度の目標を
どの程度のスピード感で
どうやって達成するかということ。

なかなか達成できないときは
基本的には
手段の間違いが多いんだよね。

手段そのものが間違っているケースもあれば、
自分に合わないやり方をやろうとしているケースもある。

だから
何度やっても思い通りにいかないときは、
手段を「諦める」って手が有効。

やり方に固執せず、
「このやり方じゃダメだ!」と諦めることで
別のやり方を探れる。

やり方が間違っていたるだけで、
やれないと思い込んでいることは少なくないから。

2021.09.09.

お互い様

偏りのないジャッジは大切だ。

相手も良かったし、
自分も良かった♪

自分もダメなところがあったけど
相手もダメなところがある。

大概はお互い様なのだから。

2021.09.05.

何度もでも言うよ

違うんだよ。
マイナスの感情がダメなんじゃない。

マイナスの感情が起こるのは自分がダメだからと
「マイナス感情=自分が悪い」と思っているところが
大きな誤解なんだ。

だから、マイナスの感情を認めない。
そして、そんな感情はなかったことにしたいと
さっさと排除しようとするから
あなたの中に長く居座る。

何度でも言うよ。
「感情に良いも悪いもない」

マイナスの感情はあなたがダメだから感じているのではなく、
嫌なこと、危険なこと、苦手なことが起こっているという
お知らせにすぎない。

そう感じて、どうするかは
また別なんだよ。

2021.08.28.

別の道が見えるとき

あれやこれや、
どうやってもう叶わない。

もう無理だ…と諦めた時、
別の道が見えるんだよねぇ。

既にあったのに
見えなかった道。

諦めるって悪いことじゃないんだよねぇ。

2021.08.26.

よくやってきたじゃないか

よくやってきてる。

どうにかこうにかでも
よくやってきた。

堂々と労おうじゃないか!
褒めることができるような結果でなくても
それまでの頑張りを労うことはできる。

よくやってきた。

きっとこれからも、
どうにかやっていける!