自信が持てない時

2022.08.18.

今を受け入れる   vol.4883

「結果、そうなんだから仕方ない。」と
事実を受け入れてみようじゃないか。

受け入れた時は落ちても次には必ず浮上してくる。
そして、
浮上した「わたし」は既に
バージョンアップした「わたし」になっている。

だって、
「受け入れたくないことを受け入れること」自体が
力が付くことだから。

2022.08.10.

自分を広げる手っ取り早い方法  vol.4875

経験したことであれば、
流れが見えたり理解が深かまったりするのだけど
経験していなければ全く見えない、
わからない。

同じ年数生きていても
それぞれ経験してきた分野は違うから
先が読める分野とそうでない分野が誰にでもあるよね。

経験したことのない分野に踏み込んでみる。
安定したところからあえて不安定なところへ。
これが自分を広げる手っ取り早い方法だね。

2022.08.08.

願えば叶う  vol.4873

これは嘘じゃない。

願うだけで全てが叶う魔法はないけど
願ってないことが叶うとは思えない。

こうなったらいいなぁ♪
これができるようになったら嬉しい!

願うことから始めたらいい。

ニヤニヤ妄想できるのも力だし、
だんだんとその夢の情報が集まってくるようになるから。

2022.08.03.

being

doingの先にbeingはある。

doingが達成できれば
beingにいける。

doingでモタついていると
beingにはいけないんだ。

だから、

さぁ!やろう!!!
まずは少しでも「できる」を増やしていこう。
どーのこーのはその先だ。

2022.07.31.

重なり

人生とは積み重ねたさまなんだなぁ。

積むことに無自覚な時間も積まれていれば、
実は積んでいないと思えるような時間も
塊として積み重なっていく。

いつから意図的に積んでも遅いことなどない。

全てが折りなってあなたを形作っている。

2022.07.30.

サバイル

誰もが一生懸命に生きている。

より良い人生にしようとしているし、
不条理と思える出来事さえ
必死に乗り越えようとしている。

言葉にしないだけで皆、
自分の人生に必死に向き合ってるんだ。

時々、互いに言葉にして話せたらいいね。
自分だけじゃないことがわかり、
相手もどれだけ一生懸命かがよく分かる。

気持ちだけでも互いに
支え合うことができるね。

2022.07.19.

知らないうちに…

「知らないうちに」といった変化に
人はなかなか気づけない。
だから、抵抗もできない。

例えば
初めて会う人との
リアルでのコニュニケーションのコツは
わかっていたのに、
オンラインでの初めての人々とのコミュニケーションには
不慣れだったことに気づくには、
オンラインで既知の人々と
どれだけコニュニケーションしていてもダメで、
初めてオンラインで会う
といった機会を得るるまで気づけない。

望む方向への「いつの間にか」といった変化は
大歓迎なのだけど、
望まない方向なら、
常に注意していても危険だ。

だからこそ、
付き合う人、身を置く環境は
意図的に選ばなければならない。

2022.07.18.

人に嘘をついても生きれるが
自分に嘘をついては生きれない。

嘘をついていなくても
自分に正直に生きてなければ
いづれ魚の水面呼吸のように
水面近くで口をパクつかせて呼吸したくなるだろう。

いろんなものに折り合いをつけながら
私たちは生きているのだから
自分に嘘をつくことはある。

だから、そんな自分を責めるより
嘘をつかずに済む生き方を探ってみよう。

2022.07.17.

「これでいい」と「この程度でいい」は違う

「これでいい」と「この程度でいい」は違う。

「これでいい」は納得で
「この程度でいい」は折り合い。

どちらが良い悪いではなく、
適切に使うことが大切になる。

ただ、人は往々にして逆をやりがちだ。

過去の変えられないことに
「これでいいんだ」と納得しようとし、
まだまだやれる未来のことに対して
「この程度でいい」と折り合いをつけようとする。

過去は変えられないからこそ
「この程度でよかったんだ」と折り合いをつけるしかないが、
どうなるかわからない未来に対しては
「これでいい」と納得いくまでやろう。

2022.07.08.

持っている力と発揮できる力

そもそも持っている力の差通りの結果にならないことがある。

予測の精度は別にして、
予想した結果と違うのは
持っている力と発揮できる力に
差があるからだろう。

能力があることや力を付けることと
その力を最大に発揮することは
別のことで、
その両方を意識する必要がある。