書籍

2024.05.28.

未処理の感情は過去じゃない  vol.5663

「未処理の感情」は過去のことを取り扱うことと
思われがちだがそうじゃない。

今だ。

「今」だから取り扱うことができる。
未処理が完了することで
おもしろいように人生が変わり始める。

全国で未処理の感情に講座を初めて10年。
この本、やっぱり好きだな。

2023.08.02.

おすすめの著書  vol.5503

私は「何を」「どこで」以上に
「誰」を大切にする。

「この人に出会えてよかった〜」といった
救われた思いを感じさせてくれる人たちとの出会いのおかげで
今の私がいるわけだが、
このの著者もそう感じさせてくれるおひとり。

ぜひ「おわりに」から読んでいただきたい。

文学・文芸の本ではないのに
著者が語りかけてくるようだから。

2023.05.06.

発売から約3ヶ月  vol.5414

本屋さんに立ち寄ると
発売から3ヶ月近いのに面置きしてくださっている‼︎
あぁ…これは本当にうれしいなぁ♪

親友の初出版本も重版!
これも本当、嬉しいなぁ♪

 

2023.04.28.

結局は「愛」  vol.5406

こんな風に紹介していただくなんて
想像にもしてなかった。

お会いするたびにいつも
気持ちには深さや厚みがあること、
それを体現するには必要な力が要ることを
学ばせてもらっている。

本田健の人生相談〜Dear Ken〜』の
チャンネル登録者数は、そりゃ15万人を超えているはずだ。
「愛」なんだよなぁ♪

ぜひ、見てみて!
冒頭に健さんが仰っている「翻訳機能」こそ
「解釈の幅」のことだから。

#本田健
#dearken
#すごい
#ありがとう

 

2023.04.20.

著者チャンネル    vol.5398

著者チャンネル、面白い!

いつの間にか他の著者さんのお話を
見続けてしまった、、、。

本を読むのと同時に
著者さんのリアルな話を聞くと
感じ方や得るものがやっぱり変わるんだよねぇ。

2023.04.13.

LA  vol.5390

「アメリカ上陸いたしました!」
とロサンゼルスの友人が送ってくれた写真。

彼女はとてもハートフルで美人さんで素敵な女性。

海外にいても
リアルな本を手に取ってくれるなんて
うれしいなぁ♪

2023.04.08.

Amazonレビュー  vol.5385

「Amazonのレビュー、先ほど、掲載不可のメールが来ました。
厳しいですね。普通に書いているのですが…。」
と言う友人からのメッセージと共に届いたレビュー。

「2023/03/30
ペンタゴンワークが面白い!!!
ズレた解釈が起こるのは、案外、
自分の中に答えがあるようでないということを
認識出来ていないからかもしれませんね。
真理的には、自分の中にしか答えはないのですが、
それを引き出したり、気付けるトリガーは、
他者や環境との関わりによって気付いたり、
思い出せたりするのでしょう。
そのことを、著書が明快に教えてくれます。
特にペンタゴンワークがオリジナリティに溢れ、面白い!!!
すべての人が必読の書だと感じました!
有難う御座います!」

嬉しいなぁ♪
しかし、これは掲載不可なんだぁ…。

2023.03.29.

著者チャンネル  vol.5375

著者と読者をより身近に 感じるためのyoutube、
『著者チャンネル』に出演しました!

このチャンネルを通して、
たくさんの本や著者の方に出会い、
ワクワクや楽しみを感じて頂ける日常にして頂ければ!
といった想いから発信されているだけあって
坂本さんの質問ポイントがリアルに根ざしていて興味深い!!!

ただ、おっちょこちょいな私は収録とは思ってなく、
打ち合わせと勘違いしてたから
老眼かけたままでの収録なんだけどねぇ。。。

公開されたらここでもご紹介しますね!
お楽しみに〜。
https://www.youtube.com/@chosya-channel/about

2023.03.26.

マダム路子の魅力研究所発信のyoutubeに出演 vol.5372

マダム路子の魅力研究所発信のyoutube
『あなたも魅力人』に出演させていただいた。

久しぶりにお会いした81歳のマダムは
以前と全く変わらずというか、
よりパワフルに魅力的だった。

マダムの話はどれも活力に溢れていて
本質をついている。
特に『認定NPO法人 たまりば』での出来事は
感動的だったなぁ。

配信されたらこちらでもご案内します!
お楽しみに〜♪

マダム路子の魅力研究所

2023.03.25.

事実と解釈  vol.5371

私たちは見たいものを見ている。

出来事、相手の発言、何がどうなったのか、
起こったままに再現しようとしてみるとよくわかる。
事実を見てはいない。

解釈が事実を曲げていく。